南城市玉城前川のサキタリ洞遺跡から県内最古となる約8千年前(縄文時代早期)の土器が発見された。

 この時期にすでに土器文化が存在していたことを示すものだ。「押引文(おしびきもん)土器」と呼ばれ、県内だけでなく、九州でも類例のないタイプである。どのようなルートで入ってきたのか興味は尽きない。

 これまでは7千~6千年前の無文土器・南島爪形文土器が県内最古で、これらより千年さかのぼることになる。

 2009年度から発掘調査を続けている県立博物館・美術館が発表した。

 発掘現場から約20点の破片が見つかり、復元すると、直径約30センチの鉢になるという。表面には棒状の道具で引いて強弱をつけたような文様が確認できる。

 放射性炭素年代測定法による分析で、土器と同じ地層から見つかったカタツムリの殻2点を別々の研究機関で分析した結果、約8千年前のものであることで一致した。

 サキタリ洞遺跡からは沖縄の考古学史を塗り替えるような新発見が相次いでいる。

 昨年は約1万2千年前の人骨と石器がいっしょに見つかっている。国内最古の同一出土だった。

 約1万8千年前の港川人(旧石器時代)が同遺跡から1キロ余り離れた港川フィッシャー遺跡から発見されている。

 旧石器時代と、それ以降の縄文時代の間には、人骨や考古遺物がまったく発見されない空白期が約1万年続いた。昨年に続く今回の土器発見で、空白期が約4千年に縮まることになる。

    ■    ■

 港川人をめぐっては、連続して存在したとする説と断絶したとする説がある。空白期が長かったためだ。

 押引文土器の発見によって、港川人と縄文人がストレートに結び付くわけではないが、空白期を徐々に埋めていくための貴重な材料の一つになるのは間違いない。

 空白期の謎を解き明かすには、まだまだ新しい発見が必要だ。沖縄の石灰岩質の地質は、化石の保存に適しているとされる。幸いなことに、サキタリ洞遺跡には過去3万年間の地層が良好な状態で保存されていることが分かっており、期待が高まる。

 今回発見された場所の下にはさらに古い地層があり、押引文土器よりもさらに古い人骨や考古遺物が眠っている可能性がある。

 発掘調査を継続するよう強く要望したい。

    ■    ■

 押引文土器の発見は、「琉球=沖縄人」の起源を探るための貴重な手掛かりが増えたことを意味するが、それだけではない。日本の縄文人はどこから来たのかのルーツ探しとも関連してくる。

 県立博物館・美術館はあす24日、3回にわたってサキタリ洞遺跡の見学会を開催する。発掘現場を実際に見ることができる絶好の機会だ。

 土器を何に使っていたのだろうか。気の遠くなるような時代の祖先の生活に思いをはせる。歴史ロマンがかき立てられるに違いない。見学会の問い合わせはおきなわワールド 文化王国・玉泉洞、電話098(949)7421。