八重山地区の教科書選定をめぐり、国から竹富町教委への是正要求を指示された県教育委員会が結論を先送りしたことに対し、下村博文文部科学相は「大変遺憾だ。法律上の義務を果たすよう強く指導する」と、県教委を呼び出す考えに言及した。

 文科相は、まだ県教委から詳しい経緯説明を受けていない。にもかかわらず県教委を一方的に批判するのは納得できない。さらに文科省への呼び出しも辞さないとしたのは、県教委への威圧であり、問答無用と言わんばかりの意識というほかない。

 県教委は20日の定例会で、国に対し要求への不服申し立てをしないことを決め、是正要求への対応については今後も議論を続けていく方針だ。

 県教委は審議の経過報告をまとめている。是正要求については、地方分権一括法の付帯決議で「地方公共団体の自主性に配慮する」「是正要求は事務処理が公益を侵害し、著しい支障が生じている場合など限定的、抑制的に発動すること」と記されていることを挙げ、今回の是正要求がこの付帯決議を反映していない-と指摘。その上で「安定している竹富町の教育環境を、かえって混乱、停滞させる」と懸念をした。

 教科書無償措置法に違反しているとの国の指摘には、竹富町では篤志家の寄付で教科書が配布されており、同法の目的とする「義務教育の充実」に大きな問題は生じていない、と判断している。

 論理的かつ説得力のある見解である。文科省は、県教委の意見を誠意をもって受け止めるべきだ。

    ■    ■

 経過報告では「両教科書とも検定に合格しており、違法とすることは一方の教科書を否定することになる」などの疑問点が列挙されている。

 文科省が打ち出した「教科書改革実行プラン」との矛盾を突いた意見もある。同プランでは教科書採択に関し、共同採択で「市郡」単位となっている地区設定基準を「市町村」に柔軟化-との方針が示されており、是正要求はそれに反するという指摘だ。

 政府は2009年に閣議決定した「規制改革推進のための3カ年計画」で「公立小中学校の教科書は、学校教育の自主性、多様性を確保する重要性を踏まえ、将来的には学校単位での選択も視野に入れて、採択地区の小規模化を検討する」と明記している。

 是正要求は、この流れに逆行しており、合理性がない。文科相はただちに指示を撤回するのが筋である。

    ■    ■

 県教委は審議において「何より子どもの教育の視点」から論点を整理する必要性を強調している。「話し合いで物事が解決する姿を子どもたちに見せることが大切だ」「教育現場は人の能力を高め価値観を形成する場。政治や法解釈を超えてあるべき姿を語るべきだ」。委員の意見は、この視点に基づくものだ。

 文科省は、県教委が是正要求の指示に従わない場合は竹富町教委に直接是正要求することも示唆している。是正要求すれば現場に混乱が生じるのは間違いなく、教育の理念からほど遠いものとなる。