総合男子は、東京国体のトライアスロン県代表選手、新里崇(南城市)が、2位を6分以上引き離す1時間51分51秒の圧勝で第1回大会を制した。 苦手のスイムは、1位に47秒差の3位通過。