ソフトボールの第8回全九州高校男女秋季大会最終日は24日、佐賀市健康運動センターほかで行われ、男子は読谷が準決勝で島原工(長崎)を3-0、決勝で大村工(同)を1-0で下して優勝した。

 女子の読谷は準決勝で佐賀女子に0-4で敗れた。

県2位の挑戦3回に決勝点

 男子読谷が、県新人大会2位の悔しさを九州の大舞台で晴らした。

 昨年の全国選抜優勝の大村工(長崎)との決勝は二回裏、2死満塁のピンチを先発の1年生・知念貴が三振で切り抜けた。直後の三回の攻撃で、先頭の新城涼平が三塁打で出塁。続く知念駿人が左犠飛で1点を奪い、これが決勝点となった。

 「挑戦するつもりだった。チャンスで打てた」と知念駿。女房役としても知念貴の完封勝利を好リードで支えた。7安打を許しながら、持ち味の制球力で要所を締めた知念貴は「バックが守ってくれた」と感謝し、「夏の県総体では、全試合コールドする勢いで頑張る」と、まずは県内での覇権奪還を誓った。