米軍普天間飛行場の移設先をめぐり、自民党本部から名護市辺野古移設を受け入れるよう迫られていた3人の県関係衆院議員は、宮崎政久氏(比例、2区)が容認にかじを切り、一角が崩れた。自民党本部は24日を事実上の期限と捉え、3人全員の容認表明を期待したが、国場幸之助、比嘉奈津美の両氏は結論を保留。