伊波闘牛大会(主催・伊波闘牛組合、後援・沖縄タイムス社)が24日、うるま市石川多目的ドームで開かれた。今年25回目の闘牛で、ローカル大会としては10回目の開催。県内各地からの闘牛ファンや観光客など約500人が詰め掛け、次々に繰り広げられる10組の対戦を楽しんだ。

七男トガイー(右)に腹取りを決める嘉良来亥背白=うるま市石川多目的ドーム

七男トガイー(右)に腹取りを決める嘉良来亥背白=うるま市石川多目的ドーム

 元軽量級チャンピオン嘉良来亥背白が出場した結びの一番は、背白が予想通りの強さを発揮し、対戦相手の七男トガイーを下した。両牛、序盤は互角の押し合いで一進一退の攻防。接戦になるかと見えたが、対戦開始1分40秒すぎに勝負が急展開した。それまでとは異なる鋭い動きで背白が前進。左角を相手の眉間に当てながら一気の押し込みに出ると、あっという間に七男は柵際に運ばれた。間髪を入れず背白の腹取りが決まり、たまらず七男が敗走した。

 背白は8月夏の全島でタイトルを失った後の復帰戦を快勝。来年の“再上昇”に大きな期待を抱かせる内容となった。

 短期戦がほとんどだった今大会の流れの中で、唯一“大熱戦”となり、会場を沸かせたのは2番戦だった。かつて軽量級王座に挑戦した実力牛同士、光パンダ(元爆進パンダ)と虎蛇ハチャー(元辺土名ハチャー)の対戦は30分超の長期戦となり、勝敗の行方は混沌(こんとん)とした。体力をじりじりとすり減らすような消耗戦で、先に疲れたのがハチャー。33分すぎ、横腹を大きく波打たせるハチャーの足元が鈍くなったのを見て取ったパンダが一気の攻勢。最終盤でのパンダの猛攻を浴びたハチャーはついに敗走となり、大長期戦にようやく幕が下りた。光パンダは通算13勝目。

 次回は12月1日午後1時からうるま市石川多目的ドームで具志川若手大闘牛大会。(又吉利一通信員)