ゆいレールと県内のバス事業者4社(琉球バス交通、沖縄バス、那覇バス、東陽バス)の路線バスで利用できる、県内初の共通IC乗車券の運営会社「沖縄ICカード」が22日に設立し、代表取締役社長に就任した沖縄都市モノレールの仲吉良次社長ら関係者が25日、県庁で会見し事業内容などを発表した。