【東京】巨大与党の圧力に有権者との約束は霧散した。沖縄関係自民党国会議員5人は25日、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設をそろって容認した。前日に方針を変えた宮崎政久衆院議員に続き、慎重姿勢だった国場幸之助、比嘉奈津美の両議員もドミノ倒しのように事実上、公約を転換した。