自民党県連(翁長政俊会長)は26日から、米軍普天間飛行場の県外移設を求める県連方針の再協議を始める。県関係の自民国会議員団「かけはしの会」が辺野古移設を容認したことを受け、県連内には追加的な基地負担軽減策を政府に約束させることを条件に、辺野古容認を受け入れる案が浮上している。