シンガー・ソングライターの池田卓が5年ぶりとなるオリジナルアルバム「Sail(セイル)~帆」を12月3日にリリースする。2011年に活動の拠点を故郷の西表島に移して以来、初めてのアルバム。「島の生活を楽しんでいる。ため込んできた歌をやっと出せる」と話す。

新作アルバム「Sail~帆」を発売する池田卓

 高校球児を題材にした「声援」、30~40代に向けた「頑張り時の皆様へ」、介護の日々を送る母を歌った「お日さまの絵」など10曲を収める。アルバムのタイトルにした「Sail~帆」にも聞く人へのエールが詰まっている。「ヨットは向かい風でも進むことができる。人生も風をしっかり受け止めて、前に進める」

 平日は、海に出たり農業をしたりという生活で、行事や祭りに参加する「島の青年」としての日常を送り、週末は本島などでライブをするスタイルが定着した。「海や山との付き合い方を学んだ。そして音楽が楽しくなった」と語る。「自分では分からないが、ゆとりとか落ち着きが出てきたと言われることもある」という言葉に、充実した様子が表れた。

 12月6日午後7時30分から、沖縄市のミュージックタウン音市場で発売記念ライブを開く。入場料は2500円、問い合わせは音市場、電話098(932)1949。