南城市で25日に発生し、ビニールハウスの損壊や漁船の横転などの被害が出た突風について、沖縄気象台は26日、「竜巻の可能性があるものの、特定にはいたらなかった」との現地調査報告の速報を発表した。

 同気象台は25日に現地調査を実施。今回の突風は、竜巻や突風の強さを表す「藤田スケール」で、約15秒間の平均風速が最も弱い17~32メートルの「F0」と推定した。

 突風の発生時刻に同市玉城から知念付近を活発な積乱雲が通過し、被害が帯状に分布するなど、竜巻の可能性を示す現象が見られたが、飛散物がほぼ同じ方向に向いており、竜巻の特徴である風が中心に集まる動きや中心から発散する動きを示す痕跡が少なかったことから、竜巻と特定するには至らなかったという。