【今帰仁】古宇利島マジックアワーRUN大会実行委員会は26日、今帰仁村総合運動公園で記者会見し、第4回大会を来年4月19日に開催すると発表した。12月2日に募集を開始する。応募期限は来年1月末だが定員に達し次第、打ち切る。

古宇利島をバックに第4回大会の開催をPRする実行委員長の與那嶺幸人今帰仁村長(右から3人目)=26日午後、今帰仁村総合運動公園

 夕暮れの時間帯を走る同大会は午後3時半スタート。今帰仁村総合運動公園を発着点に、古宇利大橋を渡って同島のふれあい広場を折り返す日本陸連公認コースのハーフマラソン(21・0975キロ)と、ワルミ大橋を折り返す11キロの2コース。会場に託児所を備え、伝統芸能や地元特産品でもてなすふれあいパーティーもある。

 大会実行委員長の與那嶺幸人今帰仁村長は「県内有数の景勝地であるワルミ、古宇利大橋を渡り夕日が最も美しい時間帯『マジックアワー』を楽しんでほしい」とアピールした。

 定員はハーフの部3千人、11キロの部500人で、参加費は4500円。申し込みは、大会パンフレットの専用用紙か大会公式サイト、沖縄ファミリーマートの「Famiポート」から。

 問い合わせは今帰仁村経済課、電話0980(56)2256。沖縄タイムス広告局、電話098(860)3573。