▽県生保協会が子育て支援団体に助成通知 生命保険協会の2015年度「子育て家庭支援団体に対する助成活動」で、県内から選ばれたNPOココカラ(浦添市、永瀬彰子代表)への通知授与式が26日、南風原町内であった。

NPOココカラに助成決定通知書を手渡す県生命保険協会の諸岡哲哉副会長(前列中央)=26日

「源河朝明記念那覇市社会福祉基金」の助成を受けた福祉団体の代表者ら=26日、那覇市の琉球銀行本店

NPOココカラに助成決定通知書を手渡す県生命保険協会の諸岡哲哉副会長(前列中央)=26日 「源河朝明記念那覇市社会福祉基金」の助成を受けた福祉団体の代表者ら=26日、那覇市の琉球銀行本店

 音楽やアートなどを通して親子で楽しむ交流の場を提供しているココカラの片岡奈葆子さんに、県生命保険協会の諸岡哲哉副会長から通知書が手渡された。25万円(上限)が助成される。

 諸岡副会長は「地域福祉に貢献されることを期待したい」と激励。片岡さんは「今後も大事な活動をしていきたい」と述べた。

 ▽源河朝明記念基金で福祉9団体助成 琉球銀行(金城棟啓頭取)は26日、那覇市の本店で公益信託「源河朝明記念那覇市社会福祉基金」の授与式を開き、県内の福祉9団体に認定状を交付した=写真。助成額は計485万円。金城頭取は「基金の利用で福祉活動が発展することを祈念している」とあいさつした。

 認定団体は次の通り。

 県里親会(那覇市)▽ふれあいセンター(同)▽トゥムヌイ福祉会(糸満市)▽あごらぴあ(那覇市)▽南風原障がい者支援センター(南風原町)▽わくわく会(西原町)▽ドリームサポートたんぽぽ(糸満市)▽社会就労センターさまさま(那覇市)▽県脊髄(せきずい)損傷者協会(同)

 ▽公庫が積立組合募集 沖縄振興開発金融公庫(譜久山當則理事長)は29日から、公庫が発行する債券を定期購入してマンションの修繕費を計画的に積み立てる制度「美ら家債(ちゅらやーさい)」の購入を募集する。来年1月10日まで。

 対象は公庫融資を受け、共用部分の修繕工事を予定している管理組合。債券(10年債、利率0.646%)は、毎年1回、組合の年間積立額の範囲内で購入する。

 1口50万円で、募集口数は478口。問い合わせは住宅融資班、電話098(941)1850。