特定秘密保護法が施行された際の影響について、県が米軍や自衛隊の運用に関して、自治体などの調査(監視活動)が規制の対象となる可能性がある、とする研究結果をまとめていたことが26日までに分かった。