「やましい法案は廃案だ」。特定秘密保護法案が衆院を通過した26日、憲法で規定する国民の知る権利が損なわれる危機感から、法案に反対する怒りの声が全国で噴き出した。県内では、米軍の運用実態を調べる研究者や市民が、過重な基地負担が押しつけられている実態を明らかにしてきた。