県文化振興会(平田大一理事長)は27日、第9回おきなわ文学賞全8部門42人の入選者を発表した。1席の県知事賞に、小説部門で橋本真樹さん40=那覇市=が選ばれるなど6部門で6人が決まった。シナリオ・戯曲部門と漫画部門は、1席該当作品がなかった。

 応募総数は昨年の301件を大幅に上回る592件。応募の最年少は5歳、最高齢は92歳だった。小説部門で高校生以下、俳句部門で小学生を対象に、奨励賞がそれぞれ1人ずつ選ばれた。

 表彰式は来年2月2日の予定。入選作品は第9回おきなわ文学賞作品集「はなうる」に収録される。

 各部門の1、2席は次の通り。      (敬称略)

 【小説】2席=金城光政(糸満市)奨励賞=桜梅桃李(うるま市)【シナリオ・戯曲】2席=真壁真治(読谷村)【随筆】1席=秋沙美代(那覇市)2席=仲間友美(うるま市)【詩】1席=杖実野高子(宮古島市)2席=富永華名(久米島町)【琉歌】1席=根路銘雅子(沖縄市)2席=仲田正弘(那覇市)【短歌】1席=島袋香代子(宜野湾市)2席=松瀬トヨ子(浦添市)【俳句】1席=安里琉太(与那原町)2席=福村みなみ(浦添市)奨励賞=岸本梨々香(宮古島市)【漫画】2席=ミサイル雅士(那覇市)