米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立て申請をめぐり、稲嶺進名護市長は27日、県庁に川上好久副知事を訪ね、辺野古移設に反対し、仲井真弘多知事に申請不承認を求める市長意見を手渡した。稲嶺氏は「市民の思いを真摯(しんし)に受け止め、適切な判断をしてほしい」と求めた。

 川上氏は、市長意見を担当部署で確認するとした上で、申請審査について「公有水面埋立法など関係法令にのっとり、承認基準の適合状況、利害関係人や関係行政機関の意見を総合的に勘案しながら作業を進めたい」と応じた。

 稲嶺氏は政府、自民党が県関係国会議員や同党県連に方針転換を求めていることに触れ「固定化をちらつかせながら公約を覆すよう促しており、大変なことだ」と指摘。「このような環境の中でも、知事は(県外移設を求めるという)これまでの発言を堅持し、後世の歴史に堪えうる悔いのない判断を期待したい」と述べた。