自民党県連(翁長政俊会長)は27日、県議団による議員総会を県議会で開き、米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設を容認する方針を決定した。2010年1月から主張していた「県外移設」を方針転換した。