自民党は国会議員に続き、県連も公約違反の赤信号を集団で渡った。米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設容認へ、選挙を経ないまま回帰。27日、記者会見した翁長政俊会長らは苦渋の表情を浮かべた。支持者は「もう何を信じればいいのか」と失望を隠せない。 「国会議員が合意した内容で、県連も進めることにした」-。