【宮古島】県立宮古病院(安谷屋正明院長)は26日に会見し、12月3日から耳鼻科の新規患者の外来診療を制限すると発表した。2012年12月に常勤医師が退職後、琉球大学から複数の医師が交代で派遣され応援していた。6月以降は派遣医師が1人で週2回(火曜午後、水曜午前)診療し、重かった負担を軽減するための措置。

 病院側は、他の医療機関からの紹介や救急患者には対応すると説明。市内で耳鼻科の開業医院もあるなどとして、他病院の利用を呼び掛けている。

 宮古病院では派遣医師の不足を理由に、4月から皮膚科の外来診療も一部制限。しかし、市平良島尻の国立療養所宮古南静園に本年度、琉大から医師が2人派遣されていて療養所外からも受診できるため、島内の皮膚科の医師数は従来と変わらないとしている。

 同病院の川満勝也事務部長は「県立病院課と共に医師確保に努めている。地域の皆さんにご協力をお願いしたい」と話している。問い合わせは宮古病院、電話0980(72)3151。