沖縄地方は28日、大陸から寒気が流れ込み冷え込んだ。午前8時16分、国頭村奧で11・6度の今季最低気温を観測。28観測地点のうち、うるま市、久米島町、座間味村、那覇市、石垣市の5カ所で11月の観測史上最低気温を記録した。

 沖縄気象台によると、沖縄を含む西日本の上空の気圧が12月後半並みに低く、寒気が流れ込みやすいとうう。

 今後1週間は平年より気温が低い状態が続く見込み。