劇団O.Z.E(オゼ)は30日から12月15日までの16日間に60作品を上演する演劇イベント「リトルボックスVOL.7 日付変更線」を那覇市松尾のわが街の小劇場で開催する。

「リトルボックスVOL.7 日付変更線」に出演する役者=那覇市

 劇団員や県内の役者ら総勢30人が出演し、5~10分程度の短編作品をオムニバス形式で披露。脚本は我那覇孝淳、はっとー、山田享楽(ビースタジオ)、永田健作。書き下ろしから過去の人気演目、コメディーからシリアスなものまで多彩な内容になっている。

 総合演出を務める劇団の新垣晋也は「16日間にわたる公演は今までにない試み。普段は一緒に出ることのない役者同士の共演も見どころ」と話した。5作品に出演する川満彩杏は「必ずお気に入りの作品が見つかると思う。ぜひ見てほしい」と呼び掛けた。

 平日は午後8時開演。土、日曜日は午後2時と8時開演の2回公演(15日は昼のみ)。

 入場料は一般1500円、小中高校生500円。問い合わせはオリジンコーポレーション、電話098(866)6118。