沖縄タイムスのアンケートに回答した市町村長の過半数が、米軍普天間飛行場の辺野古移設に向けた埋め立て申請に反対した名護市長意見に賛同し、有権者を代表する首長の幅広い支持があることが示された。