まれに県内に飛来する迷鳥ハイイロオウチュウ1羽が29日、多良間村内の雑木林で確認された。同村の羽地邦雄さんが撮影に成功した。

枝の上で羽を休めるハイイロオウチョウ(羽地邦雄さん撮影)

 顔や目の周りが白っぽく見えるのが特徴の一つ。中国などに分布する。

 県内では石垣島、西表島、与那国島、宮古島、沖縄本島などで観察記録がある。昨年は浦添市内の公園で2羽が越冬し、話題になった。

 羽地さんは「なかなか出会うことのない野鳥と聞き、喜んでいる」と話した。