名護市辺野古沖での国の埋め立て承認申請に対する県環境生活部の意見が29日、公表された。同部は「環境保全措置が不明」「措置の効果の不確実性が大きい」などといくつも疑問符を付けた。環境の専門家らは「これまでの国の不誠実な対応が垣間見れる」と国の不作為を指摘し、「知事は承認してはいけない」と口をそろえた。