空手道の第16回県中学校新人大会は30日、うるま市具志川総合体育館で行われた。1年個人組手の女子決勝は仲村渠湖雪(大里)が黒島瑞姫(古蔵)を6-1で破り、栄冠に輝いた。同男子決勝は當山竜生(伊良波)が6-1で崎山光(大宮)を下し、頂点に立った。 2年個人組手男子は田村斎喜(具志川東)、同女子は玉城稜(大宮)が優勝した。

 形の2年男子は高良蒼空(那覇)、同女子は玉城優(大宮)が優勝。1年男子は波平空大(多良間)、同女子は森田果南(沖縄東)が制した。

 団体組手は男子が具志川東A、女子は沖縄東が頂点に立った。

 個人戦の上位各3人は、来年3月29、30日に北海道で行われる全国中学生選抜大会(はまなす杯)への出場権を得た。