米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた国の公有水面埋め立て承認申請について、県環境生活部は29日に県土木建築部へ提出した意見の中で、米軍には国内法が適用されず、基地内の問題に日本側が関与できない現状では、適切な環境保全ができないことを明確に示した。