重量挙げの全日本大学対抗選手権最終日は1日、さいたま市記念総合体育館で行われ、女子75キロ超級で金城絵里香(豊見城高-平成国際大)がトータル219キロ(スナッチ96キロ、ジャーク123キロ)で、男子105キロ超級で玉城安剛(小禄高-法政大)がトータル349キロ(156キロ、193キロ)でそれぞれ2連覇した。

 女子75キロ級で神谷歩(豊見城高-金沢学院大)がトータル204キロ(93キロ、111キロ)で、昨年の69キロ級に続き2年連続で優勝した。

 団体男子は日大が、同女子は金沢学院大が制した。