柔道のグランドスラム東京大会最終日は1日、東京体育館で男女5階級が行われ、男子は90キロ級で19歳のベイカー茉秋(東海大)が元世界王者で昨年覇者の李奎遠(韓国)との決勝に優勢勝ちし、初優勝した。西山大希(新日鉄住金)は3位。 低迷が続く100キロ超級は優勝を逃した。