【南城】食物アレルギーの子どもを持つ家庭に安心して外食や観光を楽しんでもらう「沖縄アレルギー対応 日帰りバスツアー」が11月30日から2日間の日程で、南城市内で開かれた。両日で親子連れ42人が参加し、メニューが制限されがちな子どもたちが、多彩なバイキングメニューなどをおいしそうに味わった。

 事業は県産業振興公社の支援を受け、沖縄ツーリストなど県内外の旅行代理店と飲食店が連携して企画。主に県外のアレルギー児のいる観光客向けの環境整備に取り組むモニターツアーで、県内のニーズを受けて初めて日帰り旅行を実施した。

 1日昼には南城市のユインチホテル南城で昼食があり、卵や小麦粉を使わないハンバーグなど多彩な約20品がバイキングスタイルで並んだ。食事はこのほか同市「おきなわワールド」「カフェやぶさち」「もずくそば くんなとぅ」が提供した。

 提供メニューは専門機関でのアレルゲン検査を経ているほかツアーには専門医も同席。両日ともに「おきなわワールド」での体験プログラムなども組まれた。