自民党の石破茂幹事長は2日、公明党の井上義久幹事長に対し、自民党県連が米軍普天間飛行場の名護市辺野古への移設容認を決めたと説明した上で、公明党県本(糸洲朝則代表)にも同様に容認を働き掛けるよう要請した。政府与党連絡会議後、首相官邸で伝えた。

 自民党本部は同党沖縄関係国会議員、党県連の方針転換の完了に伴い、県外移設を堅持する公明県本に翻意を促す第2段階に着手した格好だ。

 石破氏は「ここまで長引いてしまったが、自民党沖縄県連は組織として決定した。よろしくお願いします」と伝達。これに対し井上氏は「公明党の中でも本土と沖縄の意識に違いがある」と、説得の難しさを指摘した。

「方針変えぬ」公明党県本

 石破幹事長が井上幹事長に、辺野古移設容認に向けて公明県本を説得するよう要請したことに、県本の金城勉幹事長は2日、県外移設の方針を変えないとの認識を示した。県議会で記者団の質問に答えた。金城幹事長は「党本部から、まだ話はない」とした上で「仮にそういう(辺野古容認の)話がきても、(県外移設の)方針を変えるわけにはいかない」と述べた。