【東京】公明党の山口那津男代表は3日の記者会見で、米軍普天間飛行場の移設について、同党県本が掲げている県外移設を党本部として変更させるかについて「日米間で、普天間の危険を除去するため大きな合意をしているが、沖縄の県民の理解を促す努力は必要だと思う」と述べ、名護市辺野古へ移設する日米合意を進める努力をすべきだとの考えを示した。

 山口氏は「政府の考え方と県民や党派の現地の方々との認識が、埋まっていない部分もあると思うが、沖縄の負担を軽くするとか、振興に努力するとか、さまざまな沖縄の要求に可能な限り応えていこうという政府の努力もある」と述べ、負担軽減策や振興策などを示すことで理解を得ていくべきだとの考えを示した。