自民党県連は4日、議員総会を開き、米軍普天間飛行場の移設先に関する方針転換の責任を取り辞意を表明していた翁長政俊会長の辞任を了承した。後任の会長は役員改選を迎える来年6月の県連大会で選任されるまで空席となる見通しで、この間の職務は新垣良俊副会長が代行する。翁長氏以外の執行部は残留し、政府に要請している米軍基地負担軽減に関する5項目の詰めや、党と県連が基地問題を話し合う協議機関の設置などの課題に当たる。