日本銀行那覇支店(松野知之支店長)が4日発表した10月の県内金融経済概況は、個人消費と観光関連が堅調に推移し、雇用・所得情勢も改善していることから「全体として拡大している」と判断を3期連続で据え置いた。松野支店長は、10月に台風が接近したものの、個人消費を中心に堅調な動きは揺るがなかったとし、「県内景気の動向はしっかりしている」と述べた。