【名護】来年1月の名護市長選に出馬表明している前市長の島袋吉和氏は4日、名護市東江の後援会事務所で会見し、野党系候補の一本化に向けて末松文信氏に出馬断念を要請したが、末松氏が拒否、決裂したことを明らかにした。島袋氏は「もうこれで一本化はない。(このまま)進むしかないと結論を出した」と述べた。両氏は4日昼に名護市内で会談したという。

 末松氏は本紙の取材に対し「県連の推薦も決まった。(会談で)島袋氏にもこのまま進んでいくと伝えた」と述べた。