県議会(喜納昌春議長)は5日の本会議で、政府が今国会での成立を目指す特定秘密保護法案の慎重審議を求める意見書案を全会一致で可決した。11月定例会代表質問の冒頭で、総務企画委員会の山内末子委員長が「国民主権を脅かすこの法案に反対する各界各層、多くの県民の声は留(とど)まることを知らない。