県政与党の公明県本幹事長を務める金城勉県議(公明県民無所属)は5日の県議会代表質問で、政府が普天間飛行場の名護市辺野古移設に向け、仲井真弘多知事に提出している埋め立て申請をめぐり「知事意見は不承認にしてもらいたい」と要望した。

 政府の「辺野古移設が実現しなければ、普天間飛行場は宜野湾市に固定化される」との主張には「脅迫にすぎない。固定化を防ぎ危険性除去を優先するなら、すぐにでも訓練を中止し、閉鎖状態にした上で移設先の検討に入るべきだ」と強調。県外・国外移設を再検討するよう求めた。

 金城氏の発言には、野党席からもさかんに拍手が起きた。野党代表者会議の仲宗根悟座長は「感服した。公明県本が県外移設を堅持する決意を示した演説だ。知事の判断にも影響を与えるだろう」と評価した。

 金城氏は「普天間を固定化させている原因は政治の不作為であり、県民が辺野古移設に反対していることではない。県民は立場の違いを認めつつ、引き続き心を一つにしてスクラムを組んでいこう」と締めくくった。