プロ野球の往年のスター選手を講師に迎えた少年野球教室「ファンケル キッズベースボール チャレンジ2013in那覇市」が7日、沖縄セルラースタジアム那覇であった。

元ヤクルトの苫篠賢治氏から塁上での走塁指導を受ける子どもたち=沖縄セルラースタジアム那覇

 那覇市内を中心に50チームから345人の小学生が参加。元巨人の槙原寛己氏や元中日の与田剛氏、元ロッテの初芝清氏ら11人の講師陣から、キャッチボールや守備、走塁などの基本動作を学んだ。

 巨人の原辰徳監督も会場に駆け付け、児童らにアドバイスを送った。

 投球練習で、槙原氏に「ナイスボール」と褒められた豊見城少年野球の山城裕貴君(上田小6年)は「体が開かずに投げられた」と笑顔。

 初芝氏からノックを受けた仲井真ライオンズの城間海寿(うず)さん(仲井真小5年)は、正面で取って、おへそにボールを納めるようにと習い「取りやすくなった」と軽快な動きをみせていた。