【宜野湾】第25回ぎのわん車いすマラソン大会(主催・同実行委員会)が8日、宜野湾海浜公園を主会場にあり、県内外からハーフ44人、3・5キロ60人、トリムに145人の計249人が出場した。

ハーフマラソン脊損の部を46分11秒で制した渡辺勝さん=8日午前、宜野湾海浜公園前

 ハーフ脊損の部(21・0975キロ)は昨年大会準優勝者で、7月の世界選手権1万メートルの銀メダリスト、渡辺勝さん(22)=福岡県=が46分11秒で優勝。渡辺さんはゴールの約200メートル手前からスパート。スタートから先頭争いをしていた選手を一気に抜き去って初優勝を決めた。

 渡辺さんは「結果だけにこだわった。しっかりと勝ててうれしい」と笑顔で話した。

 同けい損の部では野田昭和さん(32)=鳥取県=が54分5秒で初制覇。新設された3・5キロの部は大城勇太君(16)=国頭村=が14分52秒で頂点に立った。事前申告タイムとの差を競う1・5キロトリムは、電動の部で玉寄さつきさん(40)=糸満市=が9秒差、手動の部は翁長輪君(10)=浦添市=が誤差無しでそれぞれ優勝した。