【宜野湾】山本一太沖縄担当相は8日来県し、2014年度に返還予定のキャンプ瑞慶覧・西普天間住宅地区について、国が跡地利用に関与するために「拠点返還地」に指定すると明らかにした。宜野湾市役所であった佐喜真淳市長との面談で明言した。国は今後、取り組み方針を策定する。

跡地利用に国が関与する方針を示した山本沖縄相(左)と、歓迎する佐喜真宜野湾市長=8日、宜野湾市役所

 山本氏は「西普天間の跡利用は沖縄振興にとって大変大事だと認識している」と強調。市が見直している街づくりの策定作業に言及し、「政府としても地元の取り組みをしっかり支援したい」として「拠点返還地」指定に向けた手続きを進める考えを示した。

 また、「土地利用計画は都市機能の導入を含めて、県や市と連携しながら積極的に検討したい」と述べた。

 佐喜真氏は「国と県、市が三位一体となってモデル地域にしたい。普天間の跡地につながり、国益や県益、市益につながる」と感謝した。両氏は面談後、非公開で西普天間地区を視察した。