沖縄タイムスふるさと元気応援企画第4弾「久米島町 観光・物産と芸能フェア-豊かな自然に包まれ、文化が息づく」(主催・久米島町、沖縄タイムス社、共催・久米島商工会、町観光協会、久米島郷友会連合会)が13日午前11時から、那覇市久茂地のタイムスビルで始まる。15日まで。

オープニングを控え、黒砂糖やみそ、泡盛などがブースに並んだ=12日午後6時半ごろ、那覇市久茂地のタイムスビル

 1階エントランスで観光と物産フェアを開催。日本一の生産量を誇る車エビや、グルクンのかまぼこ、みそクッキー、泡盛など特産品が並ぶ。

 3日間とも先着100人に海ぶどうやお菓子のプレゼントがある。沖縄そばや車エビの素揚げなども会場で味わえる。

 2階ギャラリーでは観光パネル展、久米島紬の展示販売がある。

 14、15の両日は3階タイムスホールで民俗芸能公演がある。入場料は2千円で、1階の物産フェアで利用できる500円のクーポン付き。

 芸能公演についての問い合わせは沖縄タイムス社文化事業局、電話098(860)3588、物産フェアは、電話098(860)3000。