高齢者世帯や「孤独死」が増える中、お年寄りの支援に大きな役割を果たしている民生委員からは、「見守りが難しくなっている」との声がある。 市内で民生委員を22年務めている名嘉山吉子さん(76)によると、訪問を断る高齢者が多く、信頼関係を築くのに時間がかかるケースがあるという。