プロバスケットボールbjリーグ西地区首位の琉球ゴールデンキングス(14勝2敗)は14、15の両日、大阪市住吉スポーツセンターで同7位の大阪エヴェッサとアウェーで2連戦を行う。14日は午後6時、15日は午後2時に試合開始。

 10連勝のキングスだが、前節の奈良戦では2試合とも立ち上がりで苦しんだ。

 大阪は8勝10敗で黒星先行だが、ホーム戦では5勝1敗と強さを誇るだけに、大差を追い掛ける展開は避けたいところ。キングスは大阪に対し、楽にシュートを打たせないアグレッシブな守備で序盤からリズムをつかみたい。

 キングスの伊佐勉ヘッドコーチは「大阪は簡単に倒せる相手ではない。チームバスケットでしっかり戦いたい」と油断はない。特に、県出身のガード仲村直人(北中城高-日体大出)を警戒し「調子がいいので、彼を勢いづかせないようにしたい」と話した。

 大阪には昨季までキングスにいた菅原洋介や、元キングスのディリオン・スニード、澤岻直人(北中城高-法政大出)がいるほか、県勢の呉屋貴教(北中城高-日大出)、仲村がチームを引っ張る。