第47回KBC学園杯争奪ラグビー祭り(中学校の部)決勝が14日、名護21世紀の森ラグビー場で行われ、美東が24-14で読谷を下し、2年ぶりの栄冠に輝いた。

 美東は前半7分にWTB比嘉秀介がゴールライン右隅に飛び込むトライで先制。18分には自陣10メートルライン付近のPKから素早く仕掛け、SO普久原虎が60メートルを独走し、中央にトライ。自らゴールも決めて主導権を握った。

 しかし前半終了間際に1トライを返されると、後半は劣勢に立たされた。12分に逆転され、初めて追い掛ける展開になったが、17分にPR神谷駿の再逆転、20分にはCTB崎原功太がダメ押しのトライを挙げて突き放し、前年苦杯をなめた相手への雪辱を果たした。