美東が逆転勝利で読谷を下し、年内最後の大会を優勝で締めくくった。 前半はBKの走力を生かした連続トライで主導権を握ったが、後半に読谷の攻勢を受けて、12分に逆転を許した。士気の落ちかけたメンバーに対し、普久原虎主将は「まだ終わっていない。集中力を切らすな」と鼓舞。