沖縄国際大Aが1区でトップに立つと、3、4区の4年生の力走で後続を引き離して1位を守り切り、2位に3分19秒差をつける2時間24分51秒の大会新記録で、5連覇を果たした。 「みんなが実力通りの走りだった。前半で2分以上を稼げたのが勝因」と仲田哲二監督。