【宜野湾】宜野湾市議会(呉屋勉議長)は17日午前の本会議で、米軍普天間飛行場移設問題をめぐり与野党からそれぞれ提案された決議と意見書の両案を採決し、「固定化を許さず即時閉鎖・早期返還を求める」として、移設先への言及を避けた与党案が16対10の賛成多数で可決された。

 野党側が提出した県内移設断念を求めた案は13対13で議長裁決となり、否決された。公明党の3氏は両案に賛成した。