【沖縄】沖縄市胡屋の沖縄こどもの国で14日、国内の最先端ロボット技術を体験できる「第2期ロボトモ展」が開幕した。初日から多くの親子連れでにぎわい、二足歩行ができる「HRP-2」や会話する「ApriPoco(アプリポコ)」が披露された。

会話ができるロボットに話し掛ける来場者=沖縄市胡屋・沖縄こどもの国

 会場にはソフトクリームを作る「やすかわくん」や旗振りゲームができるロボットなどを展示。「唐船ドーイ」に合わせてカチャーシーを踊る「NEXTAGE(ネクステージ)」とも遊べる。

 うるま市から来た天願小4年の知名紫永莉さん(9)は「アプリポコがかわいかった。おしゃべりもできてすごい」と笑顔で話した。

 同展は来年2月16日まで。週末はロボットの実演披露やワークショップなども開かれる。1月11~13日は「ASIMO(アシモ)」も来る。問い合わせは同園、電話098(933)4190。