米軍普天間飛行場の移設問題で政府の埋め立て承認申請に対する仲井真弘多知事の判断時期が迫り、宜野湾市議会で与野党からそれぞれ決議、意見書案が提出された。与党会派は佐喜真淳市長と歩調を合わせ「固定化はあってはならない」と強調し、「県内移設断念」を求めた野党案には「移設先を言及する立場にない」と強く反発。