尖閣諸島の領有権をめぐる問題で那覇―上海線の新規就航を延期していた中国の吉祥航空は18日、来年1月31日から同路線の運航を開始すると発表した。

 週4往復8便。A320(158席)で上海―那覇間を1時間45分で結ぶ。

 日本沖縄支店の薹蔚(トウ・イ)支店長は「双方向交流の活性化につなげたい」と話した。